Nov. 21, 2016

等伯を読んでいて・・

等伯 下巻 後半
いよいよ 
天才の息子、久蔵が暗殺された。

絵師は、権力に翻弄される。
現代も また同じだろう。

その中にあって、
道を歩むには 覚悟、自覚が必要だな。

等伯は、
久蔵の死を持って
あの松林図の境地に達したのか。

善きことも、悪しきことも
全てを飲み込み、
本物が 立ち現われるのか。。。。